自分の内面を表に出せないこと、あるいは素の自分を見せれないことが悩みです。
変にプライドが高いせいでしょう、自分の内面を出して他人にどうこう言われることが嫌ですし、分かってもらおうとすることも面倒でなりません。
しかし、そのことが私の人生に影を落としています。

そういう性格だとろくな人間関係が作れないので、就職しても上手く行かないので収入が少ないです。
ネットビジネスなら他人と会う必要ないから大丈夫だと思っていましたが、この世界でも他人とコミュニケーションができる人間の方が圧倒的に有利であることを知りました。
特別な才能を持ってない限り、どこでもそういうものなのだとしみじみ思う今日この頃です。

それで今はどうしているのかと言うと、自分の内面を出せる人間になる準備をしています。
勉強して知識を身に着けたり、運動や筋トレで肉体を鍛えたり、ファッションを勉強したりです。
要するに誰かの役に立てる人間、あるいは堂々と人前に立てる人間になることで、他者を恐れない自分になろうとしているのですが、いずれ来る他者との対話の時を想像しただけで緊張してくるので中々先は厳しいように思います。

私が悩んでいるのは、忘れられない好きな人がいるということです。
昨年から付き合っている彼氏と年内に結婚が決まっています。彼氏はとても優しくて誠実で、私にはもったいないくらい素敵な男性です。
私のことを大事にしてくれますし、私にとっても大切な存在です。
しかし一方で、以前片思いしていた男性のことが忘れられないでいる自分がいます。
その男性は学生時代の友人で、趣味が同じことがきっかけで仲良くなったのでした。
段々とその男性に惹かれていきましたが、彼にとって私は友達だったのです。その関係を壊したくないという気持ちからアプローチをかけたり、告白することができないでいるうちに彼に彼女ができてしまいました。
友達である私がそれ以上入り込むことができるはずもなく、段々と会う機会も減ってしまって今に至ります。
しかしふとした瞬間に彼への気持ちがよみがえり、とても苦しい気持ちになってしまうのです。
こんな気持ちのまま彼氏と結婚してしまっていいのか、いつか彼のことを忘れることができるのか悩んでいます。

私は、思春期より、自分が包茎だと知りませんでした。
それを知ったのは、初めて彼女ができたときのことでした。
正直、ショックでした・・・彼女は、特に気にするこおはないよと言ってくれたのですが、それから、包茎についてネットで調べてみると包茎にもいろいろな種類があり、自分は、仮性包茎という種類にあたることがわかりました。
仮性包茎は、通常時は、皮を被っているが、自分で皮を向くことができるというものなのですが、更に調べていくと包茎は手術することで直すことができるともかいてありました。
日本人の大半の男性なので、手術してる人も多いと値段の方も意外に手ごろな価格だったのですが、どうしても、手術となると
怖いです。失敗したら場所が場所なだけに取り返しがつかないんじゃないか?
どこで、するのが一番いいのか?など、不安だらけです。
でも、このまま仮性包茎のまますごしていくよりも手術してスッキリといきたい気持ちもあり、悩んでいます。

中学生の時に「お前、包茎やんと」笑われて気づいた

私は、仮性包茎です。それがわかったのが中学生時代に修学旅行の時に男風呂にみんなではいった時のことです。
友人から、お前、包茎やんといわれ笑われました。

その時、私は包茎のことを知らなかったのですが、めちゃくちゃ回りのみんなから笑われたので、帰ってすぐに調べたのを覚えています。包茎というのは、簡単にいうと男性器に皮がかぶった状態のことで普通は、皮が被らずある程度んの年齢になると完全に向けるそうです。

それから、20歳になった今もかわらずです。彼女ができたときも脱ぐ場面になったときも、その前に自分で向いたり、友人と一緒にに銭湯にいくときも、先に皮を向いたり、いろいろ引け目をかんじていました・・・
日本人男性のほとんどが包茎の割合が高いとネットでみたのですが、こんだけ引け目を感じているのは正直、辛いです。

手術するか、どうか考えているぐらいです。
手術自体は、値段も安く、意外とやっている人も多いと書かれていたのですが、やはり、場所が場所なだけに怖いです。

包茎であることによって生じるリスク

ぼくは、あることがきっかけで包茎に関する些細な知識を得ました。ぼくの得た知識の中には噂に聞いたものや、知り合いに聞いたもので、信憑性に欠けるものもございます。

まず、包茎であることによって尿路感染病や包茎癌、性行為のときにうまく射精できない、包茎であることによって亀頭の付近の溝に(俗にいうチンカス)がたまり不衛生になるといったデメリットを感じます。ぼくは包茎ですが、性行為のときに包茎で不便だったというような思いは一切ありませんでした。次に、包茎だと恥垢が溜まり不衛生になるという事ですが、毎日お風呂に入ったときしっかり亀頭を洗っておけば問題ないとネットに書いてありました。問題なのが、尿路感染病や包茎癌です。

これらの病気も不衛生な状態から生じる病気らしいのですが、包茎だと正常な方と比べると、発症するリスクが高いみたいです。予防として清潔な状態を保っておくことは大切ですが、それでも不安な方は包茎手術をおすすめします。今後の人生をスムーズに送れることを祈っております。

いつか治ると思って20代半ばになったが一向に治らない

私は包茎です。いつか包茎じゃなくなるかなと思い続けていたのですが20代半ばになってもむけないので包茎確定だと思います。

包茎になって困ることはやはり、匂いでしょうか。完全にむけないのできれいに汚れを落とすことが難しいです。昨日としては果たせると思うのですがまだ試したことがないのでわかりません。

実はついに私にも彼女ができました。何度かデートを重ねて、もしかしたら次の次あたりのデートではホテルなどに行くことも考えられます。その時に私が包茎であるという事を彼女が知ったらどう思うかと思うと胸が引き裂かれそうです。入念にデートの前日と当日の朝に石鹸で洗って匂いをとったとしても私の包茎を彼女がみたときの反応がとても気になります。

彼女も派手な感じではありませんので、そんなに男性と関係を持っていたような感じではないのですが、初めてでもないと思うのです。昔の男性に比べられて違和感を持たれるかもしれないと思うと、今からでも手術を受けたくなってしまいます。

まだ、皮かぶってます。

僕は、二十代後半にさしかかりますが、いまだに包茎です。今までは、さほど包茎を気にしたことはありませんでしたし、さほど支障がないものと思ってました。無理に皮を剥いて包茎を改善しようとしたこともありましたが、亀頭が下着に擦れて、不意に立ってしまったり、亀頭に刺激が加わりおしっこが近くなったりでつらいので諦めました。つい先日知ったのですが、包茎は包茎でも僕の場合は真性包茎という、さらにグレードの高い包茎だったという事にショックを受けました。真性包茎の事がきになって、そっち方面に詳しい知り合いに相談したところ、包茎であるためにうまく性行為を行えなかったり、包茎だと、常に亀頭に皮をかぶっているので、ペニス内部が不衛生になり、尿路感染病や包茎癌になるリスクが正常な人と比べて高くなるといわれ恐怖を感じました。いまでは、真剣に手術を検討しています。

やはり包茎手術を受けるとなるとテレビCMや雑誌の広告でよく見る上野クリニックがよいのでしょうかね?手術を受けて、いち早く治し、たかが包茎と思わず真剣に向き合ったほうが今後の人生をスムーズに送れるかと思います。